貴金属クラッド材とは?

高い密着性と剥離しにくい性質を持つ貴金属クラッド材の魅力

株式会社光栄では貴金属を被覆材としたクラッドメタルを取り扱っていますが、クラッド材とはどのような素材なのでしょうか?ここでは、クラッド材の特徴やメリットを説明し、普通の金属素材との違いを明らかにします。ご一読頂くと、クラッド材がいかに優れた素材であるのかがわかります。

クラッド材とは

クラッド材とは

金属にはニッケルや亜鉛、銅などがありますが、金属によってその特性は異なります。例えば錆びやすい金属と錆びにくい金属もあれば、錆びやすいけれど強度がある金属、錆びにくいけれど強度がない金属もあります。このように、金属の良い特性だけを持つ金属は限られているのです。

クラッド材は、こうした金属の優れた特性を持たせた金属材料になります。別名で「異種金属貼り合わせ」とも呼ばれ、2種類以上の金属を接合し、合金層を形成することで密着性が高く、剥離しにくいという特徴を生み出しています。

便利なクラッド材は様々な用途に使用されており、電気接点用材料として小型モーターや各種電子部品、車載用部品などがその一例です。

クラッド材の特徴やメリット

クラッド材の特徴やメリット

地球上に存在する金属はそれぞれ固有の特性があり、メリットとデメリットがあります。しかし、複数の金属を接合して作られるクラッド材は、それぞれの金属の長所を活かして短所を補うことができます。

単一の金属では限界があることもクラッド材を使用することで克服できるため、その可能性は無限大に広がるのです。クラッド材は異種金属間の境界面が拡散接合されるため、メッキのように剥がれる心配はほぼありません。

金属同士の結合状態は強固であり、二層だけでなく積層化させることも可能です。クラッドする金属素材の板厚比は自由に設定することができ、理想的な比率で異なる種類の金属をクラッドできます。

クラッド材は密着性が高く剥離しにくいことが特徴です。たくさんの可能性を秘めた貴金属クラッド材をお求めでしたら、株式会社光栄へお問い合わせ下さい。クラッドメタルの他、メッキ製品や特殊圧延材料、特殊加工製品などの材料も揃えています。

貴金属クラッド材などを扱う株式会社光栄

会社名 株式会社 光栄
創業 1977年03月
設立 1978年10月
資本金 4,800万円
事業内容 素材販売、機械加工、プラント設備・機械の設計と製造
帯加工(圧延/スリット/熱処理/クラッド)
金属スクラップ売買
従業員数 86名(役員含む)
決算期 3月31日
住所

■本社 新館 (営業部・生産管理部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-4

■本社 本館 (総務部・品質保証部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-6

TEL(代表) 03-3674-5222
FAX 03-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/
Company name KOUEI CO., LTD.
Foundation March 1977
Establishment October 1978
Capital 48,000,000 JPY
Services Design and production of precious metal contacts materials
Processing of metal materials, design and production of machineries
Number of employees 86 (including director)
Fiscal term March 31
Address

■New Building
3-5-4, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

■Main Building
3-5-6, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

TEL +81-3-3674-5222(main number)
+81-3-5879-9927(for English call)
FAX +81-3-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/en/home-english/

PAGE TOP