パーマロイとは?パーマロイの性質や用途について

高透磁率磁性材料のパーマロイ

ニッケル合金は様々な種類がありますが、鉄にニッケルを35~80%含んだ高透磁率磁性材料のことをパーマロイと言います。ここでは、パーマロイの特徴や性質について解説し、パーマロイはどのような用途に使われているのかをご説明いたします。

パーマロイとはどのような合金?

パーマロイとはどのような合金?

パーマロイとは主にニッケルと鉄の成分でできた高透磁率の金属材料のことを指し、ニッケルの含有率は35~80%です。ニッケルの含有率の違いによって数種類のパーマロイがあり、目的や用途に応じて最適なパーマロイを選ぶことができます。

パーマロイの見た目は鉄やステンレスなどの金属と何ら変わりはありませんが、パーマロイは磁気に対して敏感に反応する特殊な性質を有しています。そのため、パーマロイは軟磁性材料と呼ばれます。

高透磁率材料であるパーマロイは様々な産業で使用されており、特に電子部品の小型化と高性能化に大きく貢献しています。

パーマロイの性質について

パーマロイの性質について

パーマロイは外部磁界の影響を受けて磁化しやすい材料にもかかわらず、外部磁界が0(ゼロ)になると永久磁石とは異なり、磁化せず元の状態に戻ります。つまり、パーマロイは磁気シールド効果が高く、集磁作用が大きいという性質があります。

また、パーマロイは磁気を引きつける性質を活かして、磁界の影響をシャットアウトしたり、磁界の変動をキャッチして機械的な動きに変換したりすることも可能です。

パーマロイの用途

パーマロイの磁界の影響を遮断する性質は、磁気シールドとして利用されています。そのため、磁気ノイズに弱い精密機器を守ることが可能です。また、電子顕微鏡などを磁気の影響から守ることもできます。

その他、音響や計測機器のノイズカット用シールドケースや産業機器インバーターモーターの回転制御装置、各種トランスのコアなどにもパーマロイが使用されています。

あらゆる分野に使われているパーマロイ。株式会社光栄ではパーマロイの熱処理や、磁気焼鈍と磁気特性の測定をすることも可能です。ニッケル合金の総合メーカーとして、多種多様のご要望にお応えするため、お気軽にお問い合わせ下さい。

パーマロイの熱処理も可能な株式会社光栄

会社名 株式会社 光栄
創業 1977年03月
設立 1978年10月
資本金 4,800万円
事業内容 素材販売、機械加工、プラント設備・機械の設計と製造
帯加工(圧延/スリット/熱処理/クラッド)
金属スクラップ売買
従業員数 86名(役員含む)
決算期 3月31日
住所

■本社 新館 (営業部・生産管理部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-4

■本社 本館 (総務部・品質保証部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-6

TEL(代表) 03-3674-5222
FAX 03-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/
Company name KOUEI CO., LTD.
Foundation March 1977
Establishment October 1978
Capital 48,000,000 JPY
Services Design and production of precious metal contacts materials
Processing of metal materials, design and production of machineries
Number of employees 86 (including director)
Fiscal term March 31
Address

■New Building
3-5-4, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

■Main Building
3-5-6, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

TEL +81-3-3674-5222(main number)
+81-3-5879-9927(for English call)
FAX +81-3-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/en/home-english/

PAGE TOP