低膨張合金のインバーとは - 株式会社光栄

低膨張合金のインバーとは

インバーとは、鉄に36%のニッケルを含んだ低膨張の金属材料です。

性質

インバーイメージ

一般的な金属は加熱すると膨張し冷却すると収縮しますが、インバーは特定の温度域においてほぼ変化しません。これは「温度上昇による熱膨張」が「強磁性から常磁性に変わる時の体積収縮」で相殺される現象によるものです。その膨張係数は鉄の半分以下の数値です。インバーより低い熱膨張率が求められる場合は鉄に32%のニッケルと5%のコバルトを添加したスーパーインバーが、高温での低膨張が必要な場合は42アロイやコバールが使用されることがあります。

各材質の熱膨張係数については、下表をご参照ください。

材料名熱膨張係数(×10-6/℃)
インバー(36Ni-Fe)≦2.0(30~100℃)
スーパーインバー(32Ni-5Co-Fe)≦1.3(30~100℃)
42アロイ(42Ni-Fe)4.0~4.7(30~300℃)
コバール(29Ni-Co17-Fe)4.6~5.2(30~400℃)
参考 純鉄11.7(30~100℃)
参考 SUS30417.3(20~100℃)

*表の数値は参考値です。

用途

温度変化による寸法変化が小さいことを生かして、半導体製造装置、光学装置、精密検査装置、バイメタルの低膨張側などに使用されています。また、温度変化による熱応力が小さいことから、LNGタンクにも採用されています。


加工性

インバーは優れた機能をもつ反面、熱伝導率が低いかつ粘りのある材料であるため、工具摩耗が早い難削材とされています。弊社では素材だけではく、加工品の販売もしております。加工品のお引き合いでお困りでしたら、ぜひ弊社にお問い合わせください。

低膨張合金をお求めなら株式会社光栄にお任せください!

会社名 株式会社 光栄
創業 1977年03月
設立 1978年10月
資本金 4,800万円
事業内容 素材販売、機械加工、プラント設備・機械の設計と製造
帯加工(圧延/スリット/熱処理/クラッド)
金属スクラップ売買
従業員数 86名(役員含む)
決算期 3月31日
住所

■本社 新館 (営業部・生産管理部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-4

■本社 本館 (総務部・品質保証部)
〒132-0021 東京都江戸川区中央3-5-6

TEL(代表) 03-3674-5222
FAX 03-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/
Company name KOUEI CO., LTD.
Foundation March 1977
Establishment October 1978
Capital 48,000,000 JPY
Services Design and production of precious metal contacts materials
Processing of metal materials, design and production of machineries
Number of employees 86 (including director)
Fiscal term March 31
Address

■New Building
3-5-4, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

■Main Building
3-5-6, Chuo, Edogawa-ku, Tokyo, JAPAN 132-0021

TEL +81-3-3674-5222(main number)
+81-3-5879-9927(for English call)
FAX +81-3-3656-0503
URL https://www.kabkouei.co.jp/en/home-english/

PAGE TOP