抵抗材 技術データ - 株式会社光栄

抵抗材 技術データ

体積抵抗率と最高使用温度

代表的な抵抗材の体積抵抗率と最高使用温度の分布をまとめました。材料選定の参考にご利用下さい。

画像クリックで拡大

材料特性

代表的な抵抗材の特性表です。

画像クリックで拡大

温度による抵抗の変化

一般に物質の持っている電気抵抗は、温度に伴って変化します。普通、金属導体は温度の上昇にともなって抵抗は増加しますが、半導体、電解液、炭素、絶縁体などは抵抗が小さくなります。


抵抗の温度係数

ある温度から1℃上昇するごとに増加する抵抗値を、そのときの抵抗値で割った値を、その温度における抵抗の温度係数と呼びます。金属導体の抵抗と温度の関係は、20~200℃の範囲では直線的変化を示すので、実用上は次のように考えます。

1℃上昇するごとに、r【Ω】ずつ抵抗が増加するものとすれば、0℃における温度係数α₀、20℃における温度係数α₂₀、t℃における温度係数αtは、それぞれ次式で表わせます。

t℃における金属導体の抵抗値Rtは、次式で表すことができます。

※ R₀:0℃における抵抗値、α₀:0℃における温度係数

同様に、20℃における金属導体の抵抗値Rtは、

※ R₂₀:20℃における抵抗値、α₂₀:20℃における温度係数

よって、抵抗値と温度係数には次の関係が成り立ちます。

※ RT:T℃における抵抗値、αt:t℃における抵抗の温度係数、Rt:t℃における抵抗値

画像クリックで拡大

導体抵抗試験

導体抵抗試験方法は、JIS C2525に規定されています。標準状態の温度は23℃です。なお、規定寸法にない寸法の導体抵抗は、次の式によって算出し、JIS Z 8401によって、有効数字3桁に丸めます。

Rc=ρ/A

Rc:導体抵抗(Ω/m)
ρ:体積抵抗率で表1の体積抵抗率(μΩ・m)
A:断面積(㎟)※受渡当事者間の協定による寸法から算出。帯の場合は次式で求めJIS Z 8401によって有効数字4桁に丸めた値を用いる。

幅10mm未満:厚さ×幅×0.96=断面積
幅10mm以上:厚さ×幅×0.98=断面積

画像クリックで拡大

PAGE TOP